記事のカテゴリ:

 

休日からの解放

83.ゲーム

約三千年前、アティスが小アジア、リディアの王であった頃、大飢饉が彼の領土を襲った。

しばらくの間、人々は、豊穣の再来を待ち、不平も言わず自らの運命を受け入れていた。しかし事態の改善が望めなくなった時、リディア人は奇妙な問題解決策を考案した。

「飢饉への対策は、食物への切望を感じなくなるくらい、一日をゲームに没頭することであった」

とヘロドトスは書いている。

「そして次の日はゲームを断って食べるためにあてられた。このようにして彼らは十八年を過ごした」。(2004.02.08記)

M・チクセントミハイ著 今村浩明訳 『楽しむということ』P5 思索社 1991

97.休日

休日とは疎外と消費のコンセプトである。気晴らしするには自転車に乗れば充分。僕らは休日からも解放されているのだ。(2004.04.05記)

パスカル・ビュッシー著 明石政紀訳『クラフトワーク マン・マシーンとミュージック』水声社

時計の比喩

現代人はみな多忙である。それもただ忙しいというだけでなく、忙しいことこそがその人の存在価値を支えているの...

消費—余暇の代償

narajin.net: プロテスタンティズムからの続き。 身を粉にして働くのがそれほど尊くて崇高な行為...

「怠惰」の本当の意味

今いちばん興味があるのは「余暇」。narajin.netでも余暇と観想 アーカイブを立ててちょっとずつ...

トンガ人のエヴェエヴァ

エヴェエヴァは、散歩やおしゃべりをして遊んでいる状態をいう。しかしエヴェエヴァばかりしていれば、...

ニコマコス倫理学を読むその1

幸福論と名のついた書物はたくさんあるけれども、個人的にいちばん好きなのがアリストテレスの『ニコマコス倫理...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues