記事のカテゴリ:

 

スコレー

前回の続き...「それは余暇と違うではないか」と言われると確かにそうかもしれない。余暇は英語ではレジャー(Leisure)だし、語源はラテン語の「licere(=許される)」である。これは暇してもいいよ、と許可する何者かが前提にあるわけで、昔でいえばそれがご主人様だったり、神々だったりであろう。現代社会では企業や上司かもしれぬ。明らかに労苦や義務、使命からの一時的解放といった概念が背後に見え隠れしている。英国における余暇獲得の歴史も、やはり雇用条件の改善との関連は否定しがたい。

ただややこしいことに、レジャーとは無関係な余暇もあったりする。古代ギリシア・ローマでは余暇に「スコレー、スコラ」という言葉をあてたが、こちらの語源は「scio/scire = to know(知る) 」であり、ご存じのように学校(school)の語源である。大いに遊び、大いに学ぶこともこれまた余暇であり、また余暇なくしては学問も成り立たないであろう。彼らのばあい、労働は奴隷とか下級市民にまかせておけばよかったから、労働がなくても余暇という概念はいちおう成り立っていたわけである。その証拠に、彼らには「仕事」にあたる単語がなく、「アスコリア(スコラの否定語)」をあてがっていたにすぎなかった。

こうなると、「君の求める余暇というのは、つまるところ単なるスコレーのことではないか」と追求されるかもしれぬ。たしかにそうなのだが、なんか順当すぎて面白くない。最初の定義に矛盾するようではあるが、逆に労働を賛美する立場から見た余暇についても検討しないと片手落ちになるであろう.... (続く)

64.もっと魚をとりたまえ

ニューヨークに住む裕福な企業家が、コスタリカの海辺の町へ二週間の休暇を過ごしに出かけた。彼は現地に到着し...

没頭

...そういうわけで、野心家や貪欲な者は、なるほど時には非常に勤勉であるが、しかし終始かわらず規則的に仕...

トントントンと、東京に行けず

シックスアパートさんから授賞式のお知らせが届いた。体調をみて出席したい旨を伝え、切符や身支度のことで気ぜ...

ごろつき

「ごろつき」や「無頼漢」などということばにも、折口信夫は敏感な反応をしめしている。いまの社会では、とか...

農民芸術の興隆

......何故われらの芸術がいま起らねばならないか...... 曾つてわれらの師父たちは乏しいながら可...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues