記事のカテゴリ:

 

プロテスタンティズム

真の余暇—魂の憩いといってもいいが—は、まさに労働の最中にこそ芽生えるというプロテスタンティズムのごとき強者もいる。ヒルティの仕事論の根幹をなすものもまさしくこれだ。

人間の本性は働くようにできている。だから、それを勝手に変えようとすれば、手ひどく復讐される。もちろん人間は、とうの昔に休息の楽園から追放されている、神は働くことを人間に命じたが、しかしまた否応ない働きにともなう慰めをも与えてくださった。だから、本当の休息はただ活動のさなかにのみあるのである。....この世の最大の不幸は、仕事を持たず、したがって一生の終わりにその成果を見ることのない生活である、それゆえ、この世には労働の権利というものがあり、また、なければならないわけだ。

ヒルティ著『幸福論 (第1部)  』P15 岩波文庫

もし古代ギリシア人が「労働の権利」などという言葉を聞いたらビックリするであろう。『働かないことのススメ』の著者ゼリンスキーは、なぜ人類がスコラ的な価値を知りながらもプロテスタンティズムという間違った選択をなしたのかという率直な疑問を投げかけている。

身を粉にして働くのがそれほど尊くて崇高な行為だと思うなら
発展途上国のどこかの炭坑で
一日十四時間労働を体験してきたらどうか?

ゼリンスキー著『ナマケモノでも「幸せなお金持ち」になれる本  』P73 英治出版

プロテスタンティズムがいまだに世界経済を動かしていることには疑問の余地がない。我々の誰もが、週日40時間労働を当然のものと信じて疑わないが、なぜそうしなければならないかについて確固たる理屈づけができる人は希であろう。いわんや余暇などなおさらである。

64.もっと魚をとりたまえ

ニューヨークに住む裕福な企業家が、コスタリカの海辺の町へ二週間の休暇を過ごしに出かけた。彼は現地に到着し...

没頭

...そういうわけで、野心家や貪欲な者は、なるほど時には非常に勤勉であるが、しかし終始かわらず規則的に仕...

トントントンと、東京に行けず

シックスアパートさんから授賞式のお知らせが届いた。体調をみて出席したい旨を伝え、切符や身支度のことで気ぜ...

ごろつき

「ごろつき」や「無頼漢」などということばにも、折口信夫は敏感な反応をしめしている。いまの社会では、とか...

農民芸術の興隆

......何故われらの芸術がいま起らねばならないか...... 曾つてわれらの師父たちは乏しいながら可...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues