記事のカテゴリ:

 

余暇

「余暇」について考えこむのが大好きだ。このテーマとは長いことつきあっているが、全く飽きることがない。

そもそも余暇をテーマにした本は数が少ないし、あっても企業経営と結びついたビジネスマン向けの著書が圧倒的に多かった(*)。遊びや余暇を専門とする研究者も我が国ではまだまだ少数である。先日も出版社の広告宣伝の方々と飲んだ折り、企画として「余暇」なんかどうか、と話をふってみたが、おしなべて不評であった。余暇なんて時代遅れの古びたネタであり、いまさら論じる価値のない「死語」だと指摘する方もおられた。

なるほど余暇という言葉自体に新鮮味をおぼえる人は稀であろう。この言葉を聞くとレジャーやリクリエーション、リフレッシュといった表現に代表される「週末の過ごし方」を連想するのが大方である。余暇とは、月曜日からまた元気に出勤するための休憩時間にすぎず、あくまで勤労という主人の忠実なる下僕というわけである。

このような定義になぜだか嫌悪感を持っていたので、その逆を証明するような事実をさがし歩いていた。つまり、余暇の余りこそが労働であり、労働が消滅しても余暇は無傷で生き残るという見通しである。さらに贅沢をいうならば、余暇とは人生そのものであり、それ以外は無意味な愚物だと主張する立場があったらいいなと思っていた。

この世に生まれ落ちてから死ぬ瞬間まで、目の前に存在する広大な時間的空間。それが余暇である。まずはじめに余暇があり、それを労働や家庭的社会的義務がついばんでいくのであって、労働という対概念がなくては存し得ないということではない....(続く)

(*)薗田碩哉著『余暇学への招待  』の巻末に、余暇と遊びに関する膨大な著作リストが掲載されていた。反省。

64.もっと魚をとりたまえ

ニューヨークに住む裕福な企業家が、コスタリカの海辺の町へ二週間の休暇を過ごしに出かけた。彼は現地に到着し...

没頭

...そういうわけで、野心家や貪欲な者は、なるほど時には非常に勤勉であるが、しかし終始かわらず規則的に仕...

トントントンと、東京に行けず

シックスアパートさんから授賞式のお知らせが届いた。体調をみて出席したい旨を伝え、切符や身支度のことで気ぜ...

ごろつき

「ごろつき」や「無頼漢」などということばにも、折口信夫は敏感な反応をしめしている。いまの社会では、とか...

農民芸術の興隆

......何故われらの芸術がいま起らねばならないか...... 曾つてわれらの師父たちは乏しいながら可...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues