記事のカテゴリ:

 

孤独に夢中

現在、わたしはおそろしく孤独です。けれど、その孤独に夢中になってもいます。きっと孤独こそが、わたしが最後に愛する友なのでしょう。

 わたしはあらゆるところで孤独で、ときには何日も、冬などには文字どおり何日も何日も、女性の郵便局長に「おはよう」と言う以外には誰とも話さないこともあります。

 バランスを崩さないように、そして憂鬱にとりつかれないようにするのはなかなか難しいことです。何もかもが激しさを増します。おわかりでしょう? 孤独の素晴らしさのひとつに、それがあるのです。誰も、その激しさを壊すことはできません。

 潜在意識が意識へと、どっと流れ込んでくる……。それが、孤独の歓迎すべきところです。潜在意識と意識との間に、境目はありません。絶えず気にしていなければならない人と話すとき、そんなときだけ、境目の存在を意識しますが。特にあなたがその人を愛している場合には、ね。

メイ・サートン著 落合恵子訳『わたしの愛する孤独  』p16 立風書房

大切なのは

大切なことは、おたがい何の気なしに、ゆるくつながって、それぞれ生きてればいいんだという。何かをしたり、さ...

大するあいつ

小学生のころ便所でドアをあけたまま大してるやつがいた「見るな」といって泣いているのを数人が見ていた恥より...

Robert Coutelas

ハンガリーのバンド、KOLINDAのファースト・アルバム「KANTATA」。トラッド・フォークファンには...

気分は上々〜長谷川京子

プラス思考で次の一歩 孤独を感じることは誰にでもあると思います。私の場合はよくあります。もう何年かこの世...

子どもが孤独でいる時間

子どもが孤独でいる時間   エリーズ・ボールディング著 松岡 亭子訳 こぐま社 もし、アイデンティティの...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues