記事のカテゴリ:

 

イカスミパウダー

ikasumi.jpg

山本産業(有)

「セピア」ってイカ墨の色のことだって知ってましたか?
見た目は真っ黒なんですが、水で薄く伸ばすと実は茶色なんですね。
ヨーロッパ中世の写本制作には欠かせないインクだったんです。
絵具専門店だと結構な値がしますが、さがせばあるもんですね。
ネットの力をあらためて実感。

ここんちのイカスミはすでに粉末状に加工されており、まんま顔料として使える。
卵メディウムも必要なし。
とはいってもやはりゴキブリが寄ってくると困るのできもち鉛白(劇物)を混ぜて使うと良いでしょう。

使用感:金箔の上でもよく伸びる。粘りがあり細かい線もとぎれずに描ける。まさにインクそのものである。
かなりイカくさいのが気になるが。(爪の間にイカ臭が!)
飽きたらスパゲッティでも作るか。

住吉美紀エッセイ抜き書き01

グスタフ・クリムト『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 1』 楽しめるということは、強い。歴史を超え...

工房 LAPIS展

台風や地震に翻弄されて大変な一週間だったけど、なんとか終了。朝日新聞に記事が掲載されたせいか、日曜日は電...

インド大衆宗教画の黄金時代展

インド大衆宗教画の黄金時代展 2004/10/25(月)−10/29(金) 9:00 am 〜 9:30...

MG西欧カリグラフィースクール

MG西欧カリグラフィースクール 中世の写本に興味を持った人間には避けて通れない学校。わしも来季よりぜひ通...

工房 LAPIS 展

工房 LAPIS 展 期間:10月19日(火)〜10月25日(月)会期中無休 時間:11:00am〜6...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues