記事のカテゴリ:

 

揖保乃糸 庵

ibonoito.png揖保乃糸 庵
わしはそうめんに目がない。特に、呑んだときなど無性に「そうめん喰いたし」と思う。赤坂見附の駅ビルにある「揖保乃糸庵」はそんなワガママを満たしてくれる稀な居酒屋である。

このお店は接客の感じがいい。先週トモダチと3人で行ったのだが、なんと予約していた席に「○○様」と歓迎の意を伝える置き手紙があり、ちょっとした驚きであった。

揖保乃糸といえば一般のスーパーでもよく見かけるけれど、お店では特級品の「ひね物」のみ使用しているそうで、なるほど喉ごしに強いシコシコ感が伝わっていくる。つゆは関西風で透明感がありながら、だしがたっぷりでこれまたうまかった。友達は温麺を注文したが、こちらもスープがすばらしい。

その店がウマいかマズイかは、たいていお通しをみればわかる。この店はいつも丁寧な盛りつけで、しかもうまい。この日は煮こごりだった。酒も兵庫の地酒をはじめ、思わずいろいろ試したくなる揃えである。

年齢に関係なく、使いやすい店としてオススメしたい。

揖保乃糸ホームページ

かぼちゃのタルト

昨日は外出許可がでのたので家にもどった。午前の点滴がおして病院を出たのは11時半過ぎだった。ダウンジャケ...

体の復興

病院のごはんを止めてもらって好きなものを食うことにした。朝は回診が済んだら速攻でドトールにいってモーニ...

おいしい日

体温36.4℃ 血圧上94、下64 朝ご飯 玄米パン2枚(ヨーグルト、ブルーベリージャム塗る、きゅうり、...

断章「タコ焼き」

「きのうnarajinが夢にでてきた」とかたまに電話口できいたりする。その出方としては、たいてい何かを...

東奥日報がケーキになった

病ネタ満載のnarajin.netには珍しいというか人生初であろうメデタチックな一枚(撮影:写友W)。...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues