記事のカテゴリ:

 

ふとんの国一号

p1000007.pngわしはふとんが好きです。ふとんにくるまって本を読んで、レコード聴いて、書きものをしていると辛いことも忘れます。

エマニュエル・カントは就寝前、自分を毛布で丁寧にラッピングしてから赤子のように顔だけ出して、「こうしていると、この世で自分ほど幸せな人間がいるだろうかと思う」とつぶやいていたそうです。

ドイツ観念論の始祖ともいえる偉大な哲学者が、ふとんにくるまって幸せそうにニヤニヤしている図を想像してみてください。やはり、ふとんは全世界の人々に愛されているのであります。

p1000208.pngこの写真は「ふとんの国一号」といいます。キャスター付です。ストッパーがないので体重をあずけると危険です。この上でわしはサッカー観たり、焼酎飲んだり、レコード磨いたりしてます。近所のDIYで板を買ってきてだいたい5千円くらいで作れます。

これを見たある友人は、通り一遍の賛辞をのべたあと、「実家の八十歳になるカアチャンにもつくってやるか...」ときわめて的確なコメントを残して去っていきました。

次は「コタツムリ一号」を開発予定であります。

完のう

じつにリッパな完のうだこれほどの完のうはしたことありません...

小女

大女とはいうが小女とは滅多にきかない。小娘とはいう コオンナはきかないがコオトコとはよく言う ケツの穴の...

ことわざ

塩は賢者にいれさせ 香辛料は狂人に 酢はけちんぼに サラダ油は浪費者に いれさせろ(フランスのことわざ)...

ソトフ

チラシ裏に殴り書きした買い物リストを見ていると、こんどは「ソトフ」と書いている。これは「ソフトバンク」の...

トントントンと、外国にいく

歩けないころは、二階が外国だった。 行きたくても行けない憧れの土地。 いまはぼくの土地であり、祖国になっ...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues