記事のカテゴリ:

 

第六篇「ロシアの僧侶」より

...ところが、六週間目に突然兄が病気になった。もっとも、兄は普段から健康ではなかった、華奢で弱々しく、肺病に罹(かか)りやすそうな体格であった。背は決して低くなかったが、痩せてひょろひょろしていた。しかし、顔立ちは整って上品であった。はじめは風でも引いたのだろう位に思っていたが、医師は来て見るとすぐ母に耳打ちし、急性の肺病だからこの春一杯もたないかもしれぬ、と囁いた。母は泣き出した。...

『ねぇ、先生、まだ一日くらいこの世に生きていられるでしょうか?』と冗談をいうことがあった。

『一日どころか、まだ幾日も幾日も生きていられます。』と医者は答える。『まだまだ幾月も幾年も生きていられますよ』

『一たい年がなんです、月がなんです?』と兄は叫ぶ。

『何も日にちなぞ数えることはないんじゃありませんか。人間が幸福を知り尽くすためには、一日だけでもたくさんですよ。ねえ、皆さん、僕たちは喧嘩をしたり、互いに自慢しあったり、人から受けた侮辱をいつまでも憶えていたりしていますが、それよりかいっそ庭へ出て散歩したりふざけたりして、互いに愛しあい讃めあって、接吻したらいいじゃありませんか。自分らの生活を祝福したらいいじゃありませんか。』

『あの人は、お宅の息子さんは、この世に住むべき人じゃありませんよ。』母が玄関まで見送りに出たとき、医師はそういった。『あれは病気のために精神錯乱に陥られたのです。』(*)

ドストエーフスキイ作 米川正夫訳『カラマーゾフの兄弟』p157-158 岩波文庫

(*)聖フランチェスコを思い出した。彼もまた「愛の狂人」と呼ばれ、この世をあまりに愛するがゆえに、この世に属すことができなかったのである。

新年のあいさつにかえて「記憶の灯...

新年あけましておめでとうございます。賀状やメールをくださったみなさん、ありがとうございます。年末年始を病...

断章0001

生物多様性とは、すべての生物がどこか欠けているということ。多様に欠損しているということ 自分ので...

むりくり移植後4年生存達成

narajin.net表紙の白血病カウンターが365を切った。今年も第二の誕生日ともいうべき骨髄移植記念...

人生の穴からみる

あるとき、授業で学生たちに「人生には穴があくことがあるんですよ」と話したことがあります 。人生というス...

移植七五三

ベッドを二階にあげたのが今年の春 自分の部屋で寝るようになって 歩行車から自転車へ、iPhoneで小屋を...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues