記事のカテゴリ:

 

ごてごてした液体

ロンドン在住のある女性が、コーヒー豆の輸入禁止と、すべてのコーヒーハウスの閉鎖を国王チャールズ2世に懇願した。

訴えの理由は

「下劣で、けがらわしく、どす黒くって、苦くて、臭いが悪く、吐気を催すごてごてした液体のため、夫は家に居着かなくなり、家庭内の義務を放棄してしまった。家計は火の車で、子どもはお腹を空かして泣いている。性生活には見向きもしない。不毛の砂漠のような空虚な家庭を生み出す不幸の実を、なぜわざわざ輸入する必要があるのか」

というものであった。....(中略)

1675年、チャールズ2世は、英国内に約3000店もあったコーヒーハウスの閉鎖命令を出した。しかし、この命令に対して強い不満が噴出し、わずか数日で撤回を余儀なくされた。

栗原 久『カフェインの科学 コーヒー、茶、チョコレートの薬理作用  』p26学会出版センター

モーニングコーヒー哲学

治療が終わっていちばんうれしい瞬間。それはブラックコーヒーを飲めたとき。抗ガン剤の副作用といっても十人十...

なにげない朝の創造

早起きすると、いつもとはまったく違う一日がはじまる。いつもと違った自分がみえる。 朝4時30分。昨日まで...

脱病院カフェ

入院患者のいちばん辛いところは一人の時間を奪われることである。 病人家業も世間が思うほど楽ではない。朝...

ドトール「価値ある無駄」

ドトールの新メニュー「贅沢ミラノサンドローストビーフ〜特製バルサミコソース」を注文たら、「チェブラーシカ...

5月のゴミ

病トモからつぎつぎにサイニューインの知らせがとどく。やはり五月の風は血液を狂わせるのか。先生にたずねても...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues