記事のカテゴリ:

 

トンガ人のエヴェエヴァ

エヴェエヴァは、散歩やおしゃべりをして遊んでいる状態をいう。しかしエヴェエヴァばかりしていれば、カイ(食べる)できない恐れがある。それでもエヴェエヴァは大きな魅力であり、できることなら働かないでいたいという。

若者たちが、耳のわきにハイビスカスの花などをさして、ウクレレやギター片手に、村のあちこちの大きな木の下にたむろし、おしゃべりやふざけっこをしている光景をよくみかける。これは畑に出かけていく男たちと対照的であるが、理解ある親は、息子がかなり大きくなり、一人前に働けるようになっても、事情が許すかぎりは自由気ままに遊ばせておくのだそうである。いずれ家庭を持てば、妻子を養うために働かなければならないのだから、それまではしたいほうだいエヴェエヴァさせてやろうという親心である。

青柳まちこ『「遊び」の文化人類学』講談社現代新書 昭和52年

時計の比喩

現代人はみな多忙である。それもただ忙しいというだけでなく、忙しいことこそがその人の存在価値を支えているの...

消費—余暇の代償

narajin.net: プロテスタンティズムからの続き。 身を粉にして働くのがそれほど尊くて崇高な行為...

「怠惰」の本当の意味

今いちばん興味があるのは「余暇」。narajin.netでも余暇と観想 アーカイブを立ててちょっとずつ...

ニコマコス倫理学を読むその1

幸福論と名のついた書物はたくさんあるけれども、個人的にいちばん好きなのがアリストテレスの『ニコマコス倫理...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues