記事のカテゴリ:

 

心の「金縛り」

●心の「金縛り」
・自分の好きな人や、同僚に愛情を込めて話しかけたいのに、それができない。
・おはよう、おつかれさま、の一言がいえない。
・興味ある企画に取組みことができない。
・セックスをしないでいるが、本当はしたくてしたくてたまらない。
・休日など、一日中家のなかにいて、くよくよ考え込む。
・うしろめたさにひっかかって、スポーツを楽しめない。
・魅力的だと思う人に自己紹介ができない。
・ちょっとしたジェスチャーを示せばその人との関係がうまくいくとわかっているのに、話しかけることを避けている。
・何か悩みがあって眠れない。
・腹が立ってハッキリものが考えられない。
・好きな人に面と向かってひどいことを言ってしまう。
・過度に神経質になって、思うように活動できない。
・意図しないのに顔がひきつってしまう。

●言葉の端々にひそむ自己嫌悪
・人からほめられたとき賛辞を避ける(「いえ、私なんか」「本当に頭なんて良くありません。運がよかっただけでしょう」)。
・弁解する(「美容師の腕がいいの。あの人ならヒキガエルだってきれいにしてやるでしょう。」「馬子にも衣装ね」「緑が似合うだけよ」)。
・相手のセンスを疑ったり、自分をうれしがらせようというつもりに違いないと考えたりする。手柄を他人のせいにする(「マイケルのおかげだ。彼がいなければ私なんか何もできない」「仕事は全部マリーがやったのです。私はただそばにいて指図しただけです」)。
・意見をいうとき他人に代弁させた話し方をする(「主人がいうには...」「母の感じ方だと...」「ジョージがいつも私にいうんだけど......」)。
・誰かの賛成を強調する(「まちがっていないでしょう、ねえ」「私、そういったでしょう。そうじゃない、マーサ?」「主人にきいてごらんなさい。彼だってきっとそういうわ」)。
・日常生活で花や酒が好きなのに、贅沢だという理由でよせつけない。ほしいものを注文しない。お金の余裕がないわけでもないのに(表向きの理由はそうだとしても)、自分には分不相応だと思ってしまう。
・犠牲になる必要はないのに、自分のものを買わずに、他の人に買ってあげなければいけないと考える。
・人が大勢いる部屋で、誰かが「おい、そこのばか!」とどなったりすると、振り向いてしまう。

ウェイン・ダイアー『自分のための人生』

人と比べる不幸せ

バルバラ・ベルクハン著 『ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術  』阪急コミュニケーションズ ...

インスタント・カルマ

バルバラ・ベルクハン著 『ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術  』阪急コミュニケーションズ ...

大するあいつ

小学生のころ便所でドアをあけたまま大してるやつがいた「見るな」といって泣いているのを数人が見ていた恥より...

自己改善しません

Mia Christopher Three Masks, monotype, 15"x22&...

住吉美紀エッセイ抜き書き02

朝起きたときから、なにか釈然としない気分だった。外は晴れているのに、心にはどんより雲がかかっている。自...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues