記事のカテゴリ:

 

疲れ

....しかし、仕事の結果、ある程度の疲れが出てきたら、さっそく中止すべきである。が、その場合に、決して仕事そのものをやめてしまう必要はない。通常その特定の仕事だけを中止すればよい。というのは、仕事を換えることによって、必要な休息と同じくらいに元気が回復するものだからである。われわれの天性にこのような適応性がなかったら、おそらく仕事は大してできないであろう....

二つの仕事のあいまの真に愉快な読書はまた、まるで強壮剤の効果をもつものである。人の精神がいきいきとしている時には、どんなに多くの仕事にたえうるか、またいわばからだ具合の後ろに隠れてこれに左右される時は、どんなに少ししか仕事ができないかは、まったく驚くばかりである。

ヒルティ著 草間平作訳 『幸福論』岩波文庫

没頭

...そういうわけで、野心家や貪欲な者は、なるほど時には非常に勤勉であるが、しかし終始かわらず規則的に仕...

一日一死

数週間まえから下痢で苦しんでいたが、ちかごろ頻回になり、腹痛、嘔吐が加わってきたので身動きできずにいた。...

聖書文語訳をルビ付きで読む・検索...

海外の著作には聖書からの引用がけっこう多い。私にとって枕頭の書とでもいうべきヒルティ『幸福論』などはその...

本音をいえば

先日退院したマスターが外来受診のついでに病棟まで寄ってくれた。朝8時半から待って昼過ぎにようやく受診でき...

うれしいこと、かなしいこと

うれしかったこと 私のジェダイマスターともいうべき先輩患者さんが、入院1年1か月にして元気に退院したこと...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues