記事のカテゴリ:

 

「つくる人」はえらいか

 大人は、意味もなく、子供を、「えらい、えらい」とほめたたえるのが、子供のぼくには不愉快だった。(中略)

 ただひとつ、正直に大人たちが「えらい」とおもっているな、と感じたのは、子供のぼくが、なにかを作り出したときだった。道路を滑走する飛行機や一人乗りボードを、近所の八百屋に貰った木箱からつくったりするだけで大人は本気で感心するのだった。

 デザイナーや建築家になった人間の子供時代は、きっと、こんなふうに絵や工作で周囲の目を引いて育ったという点で、似たようなものなのだろう。

 これがいけない、と、今、大人になってつくづくおもう。

 「つくる人」はずっと甘やかされてきたのだ。つくることは、無条件でえらいこととみなされてきた。その意味をまるで理解していない大人たちに。

森本 武『負のデザイン』JDC

デザイナー色を好む 第四回

パソコンがなかったころ 近ごろはパソコンで簡単に色をつくって試すことができるので、ずいぶん楽にはなりまし...

デザイナー色を好む 第三回

色彩科学  プリズムを使ったニュートンの実験や光の三原色を考えたヤングが代表です。人間の目にはRGB(レ...

デザイナー色を好む 第二回目

色彩心理学 世界の誰にでも共通する色彩のイメージがあるはずだ、というコンセプトで研究している人たちがいま...

「デザイナー色を好む」第一回

パウル・クレー Connected to stars(水彩・鉛筆・カラーボード) 前回の「デザインはデ...

デザインはデコレーションにあらず...

むかしのデータを整理していたら会社勤めのころ社内研修用に作ったPDFをみつけた。久々に読み返してみると自...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues