記事のカテゴリ:

 

解禁ラッシュ

WBC:3400
HGB:8.1
PLT:7万8千

血小板が6万個ふえた。これでしばらくカユイ思いをしなくてすむ。「骨髄キレイになってるよ」と先生。自分としては15万が目標だが、伝えるとなぜか先生は苦笑い。

きのこ、漬け物、納豆、生野菜、ヨーグルトもついに解禁。「なんでも好きなもの食っていいよ」と先生。「治療が始まるとまた閉じこめられるからね」。

朝の定期回診のとき、ダメもとで「外出したいんですけど」とお願いしたら、「いいっスよ」とまたしても一発OKがでた。わしの主治医は何でも「いいよ〜」しか言わない。まだ一年ちょっとの新任医であるが、院内広報に書いてある自己紹介の欄を見ると、「性格:楽観的 趣味:バイク」。いつもブルーの術医を着こなすイイ男。髪をデップでガチガチに立てているが、雨の日は倒れている。土日はジーパンで回診。

抗ガン剤で苦しんでいるときもこの「楽観的」にはずいぶん救われた。「熱そのうち抜けるよ〜」「大丈夫だと思うよ〜」「効いてるよ〜」と、言われるだけでなんだか治った気になる。「病は言葉で治る」(ルイス・トマス)はやはり至言だ。

さっそく点滴をロックしてもらい、バス停から青森駅に直行。まずは電気屋でステレオミニプラグの接続ケーブルを買う。CDプレーヤーとかテレビの音声をミニスピーカーにつなげるため。大部屋では音を出せないが、また無菌室に閉じこめられたときに備えてのもの。

アスパムの展望台から八甲田連峰、陸奥湾を眺める。津軽半島と下北半島もはっきり見えた。地球のなかの立ち位置を確認。

最後は1時間ほど歩いて中古レコード屋を物色。元ポリスのドラマー、スチュワート・コープランドの覆面アルバム『クラーク・カント』を1800円也でゲット。これはかなりレアーだ。思わぬ掘り出し物にほくそえむ。

足もガクガクだしお金もなくなったので、県病行きのバスに乗る。

点滴をプラグインしてもらい、また病人業に復帰した。

当たるときは当たっておけ

口内炎もおさまりコーヒーをブラックで飲めるようになった。トマトやヨーグルトの酸味も食えるようになった。...

なにげない朝の創造

早起きすると、いつもとはまったく違う一日がはじまる。いつもと違った自分がみえる。 朝4時30分。昨日まで...

ブログやっと復旧

ちかごろ入退院の出入りが激しくて7月5日に県病から弘前に戻ってからというもの自分でもいったい何をして生き...

バッドトリップ気味

更新しないと死んだと思われるので例によってなんでもいいから書くことにする。 弘前に帰ってから早いもので1...

千葉の友人宅からの質問状

いつも自然食・田舎暮らし関係でお世話になっている千葉の友人宅より質問状が届いた。 一から考えて話すより、...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues