Monthly Archive 2006年9月

1  2

太宰治『如是我聞』より

 一群の「老大家」というものがある。私は、その者たちの一人とも面接の機会を得たことがない。私は、その者たちの自信の強さにあきれている。彼らの...

年寄考

8月は結局、WBC:300〜400あたりをウロウロと徘徊して終わってしまった。今から思えばほんとに大部屋でいいの? というヤバイ数値であった...

直木三十五『貧乏一期、二期、三期...

 第一期  僕は、僕の母の胎内にゐるとき、お臍《へそ》の穴から、僕の生れる家の中を、覗いてみて、 「こいつは、いけねえ」  と、思つた。頭の...

中島敦『山月記』より

人間であった時、おれは努めて人との交じわりを避けた。 人々は己を倨傲《きょごう》だ、尊大だといった。 実は、それが殆ど羞恥心に近いものである...
1  2