記事のカテゴリ:

 

時間とお金

イエスが生きていたイスラエルでも、「時は金なり」が人の心にしみわたっていたのだろうか。マタイ福音書をみると、彼はそんなフランクリン的思考をブチ壊そうとしていたのがみてとれる。

天の王国は、自分のぶどう園に働き人を雇うため朝早く出かけた人、そんな家あるじのようだからです(二十・一)

この「ぶどう園の家あるじ」は、一日一デナリの賃金という約束で朝から働いていた「最初の者」と、夕から一時間だけしか働いてない「最後の者」にも、おなじ一デナリの賃金を支払うのである。それは不当なあつかいだと抗議する「最初の者」にたいして、彼はこういう。

君、わたしはあなたに何も不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリで合意したではないか。あなたの分を受けとって行きなさい。わたしは“この最後の者にも”あなたと同じように与えたいのだ。わたしが自分のもので自分の望むことを行ってよいではないか。それとも、わたしが善良なので、あなたの目はよこしまになるのか

人よりちょっと「よこしま」なものが、ちょっとだけ富を増やしていく。人よりちょっとだけ広く耕したものが、ちょっとだけ多く収穫をえるように。ちょっとだけ長く働いたものが、ちょっとだけ多めに賃金を受けとるように。

それが幾世代もつづくと、「ヨコシマさん」には資産というものができる。その成り上がりどもは、「長」や「王」という名で「最後の者」を蔑み、家畜のようにこき使う。時の差は富の差を生み、やがて力の差を生みだすのである。

資産からはまず「所有」の観念が生まれる。つぎにその所有者を「殺す」もの、「盗む」もの、その盗みを「偽る」もの、その偽りを「裁く」もの、といったぐあいに、あとは尻取りみたいに「よこしま」が感染し、さまざまな悪徳がウジャウジャわきでてくる。これらはすべて「時の差」というパンドラの箱から出てきたものだ。それにしっかりフタをするのが「家あるじ」であり、天の王国なのである。最後にイエスは次のような「矛盾の一致」でしめくくる。

このように、最初のものが最後に、最後のものが最初になるでしょう

これを経済学の法にすえ、貧富のない社会を築こうとしたのがラースキンだ。彼の著書「この最後の者にも」は、当時の経済学者や一般大衆からもうさんざんにコキおろされたが、ガンディーは自給自足の共同農場「フェニックス農園」をひらき、その実践をもってラースキンにエールを送った。

自給自足というライフスタイルは、自分が労働者であり、経営者であり、消費者でもある。だから自分だけで経済サイクルが成立してしまう。ここには銭カネの立ち入るすきがない。自分の時間を売っても、それを自分で買いとっているからだ。時間系がひとりで独立しているのである。これがガンディーのめざす「スワラージ(自治)」の実践だ。金を無用の長物にすることで、「時は金なり」を格言から虚言に格下げしてしまう。

しかしジャイナは自給自足にむかわず、むしろ小売業や金貸業といった貨幣経済にどっぷりとつかったような商売を営みながら、それでいて金や権力には無執着に暮らしている。こちらもかなりハイレベルな「矛盾の一致」といえそうだ。

ジャイナ日記31より

ミック応援メッセージ(和訳版)

「Messages for Mick」に、日本のファンからのメッセージとして投稿させて頂きました。ご協力...

ミックからのメッセージ:補足(日...

 ミック・カーン オフィシャルにミックからの新しいメッセージがアップされておりますざっと訳して...

ミック・カーンのベースは末期ガン...

「いちばん好きなエレキ・ベーシストは誰か?」ともし問われれば、細野さんでもなく、ジャコパスでも、チャック...

JAZZの時間

人生でいちばん大切な資源は「時間」だ。年を重ねるごとに、そんなふうに痛感している。すると、なるべく時間を...

0.2%の勇気

「現代のあらゆる問題を解決する技術はすでに出揃っている」とムハマド・ユヌスさんが「未来への提言」で話して...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues