記事のカテゴリ:

 

『時間意識の近代』西本 郁子著

スピード社会に警鐘
jikanisiki.jpg楽しく夢中になって遊ぶ子どもたちの意識は、コマ切れで管理される時間とは無縁だ。だが、その姿を見守る親は、食事や昼寝の時刻が気になってしょうがない。

あわただしい現実へと、親は子供たちを引き戻す。そこに欠けているものは、待つことや目的を定めない自由な行動、そして休みだ。

 本書は、日欧のライフスタイルを、〈とき〉の意識という観点から歴史的に分析している。興味をひくのは、速度を語るときの語彙(ごい)の来歴を明らかにしている点だ。

例えば、「能率」という言葉は「テーラー主義」で知られる科学的な管理法を導入する際に作られた新しい日本語だ。

大正時代には、鉄道の発達に伴って、朝夕の混雑時間帯を指す「ラッシュアワー」がすでに登場していた。国産の「タイムレコーダー」は、1932年に登場した。

これらの指摘から分かるのは、明治以来の西欧近代化が、まさに現代日本の労働環境や時間意識の形成と地続きだということだ。

現代世界における時間意識の形成には、ジャスト・イン・タイム方式という産業システムが決定的にかかわっているという。これは、「ムリ・ムダ・ムラ」を省くという哲学を基盤とする。

ところで、こうした理念の上に築かれた社会は、個性豊かで思考力も行動力も備えた人間が育つのに、果たして適しているのだろうか。答えはノーである。それは、本書が言及するシモーヌ・ヴェイユ鎌田慧らが、労働現場のルポを通してそれを明らかにしている。

つまり、工場で課される作業にはスピードが求められ、そのスピードはさらに加速される。加速されたスピードは、人間から思考や夢見る力を奪い取る。

こうした点からすれば、コマ切れの「速さ」に追われ、スピードこそが金銭価値を生むという現状の労働や教育環境は、再考すべきだろう。

今後求められるのは、「休息」や「間」や「ひと息」を受容する感性だ。本書の副題は「『時は金なり』の社会史」だが、問いの射程は未来へ向かって深い。

(佐藤壮広 一橋大学講師)法政大学出版局 4200円
(東奥日報2007年2月18日朝刊)

tikokuno.jpg関連書籍:遅刻の誕生--近代日本における時間意識の形成

いつから時計が気になるようになったのか。明治6年1月1日をもって、日本は太陽暦、定時法の社会へと転換した。鉄道、工場、学校における時間規律の導入はいかにして行なわれ、そして、人々の生活をどのように変えていったのか。現在に至るまでの、時間意識の変遷をたどる。

関連番組:BS世界のドキュメンタリー「首飾りを作ったのは誰?」-中国 出稼ぎ少女の労働事情-
2007年 2月23日(金)
午前10:10~午前11:00(50分)

64.もっと魚をとりたまえ

ニューヨークに住む裕福な企業家が、コスタリカの海辺の町へ二週間の休暇を過ごしに出かけた。彼は現地に到着し...

没頭

...そういうわけで、野心家や貪欲な者は、なるほど時には非常に勤勉であるが、しかし終始かわらず規則的に仕...

トントントンと、東京に行けず

シックスアパートさんから授賞式のお知らせが届いた。体調をみて出席したい旨を伝え、切符や身支度のことで気ぜ...

JAZZの時間

人生でいちばん大切な資源は「時間」だ。年を重ねるごとに、そんなふうに痛感している。すると、なるべく時間を...

0.2%の勇気

「現代のあらゆる問題を解決する技術はすでに出揃っている」とムハマド・ユヌスさんが「未来への提言」で話して...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues