記事のカテゴリ:

 

宿敵アスペルギルス

15-3.jpg名前だけはドラゴン退治でもしそうな中世の英雄風だが、実態はただのカビ。いや、実をいうとわれわれ骨髄移植経験者にとってはドラゴン以上に怖い存在なのである。

アスペルギルスは周囲に常時存在する。お風呂とか、押し入れとか、エアコンまわり、鉢植えなどのほかに、古い建築物の取り壊し現場などに多いとされ、先生からも「近づくな」と注意されている。

通常の免疫力を保持している人は感染の心配はないが、われわれのように薬剤によって免疫抑制されているものにとっては危険度ナンバーワンのカビであり、いちど肺の侵入を許したら致死率は高い(肺アスペルギルス症)。きわめて難治性である。

問題はどうやって予防したらいいかであるが、空気感染もアリなので防ぎようがない。院内にもおそらく舞っているだろう。飛沫核がマスクの繊維より小さいばあいはカンタンに喉まで到達する。

al_koubos.gifほかにも「カンジダ」という、これまたブッダの一番弟子みたいな名前のカビがいるが、こっちは常在菌といって、われわれの口中内に常時存在するので予防してもしょうがない。口のなかを清潔にし、「ファンギゾン」といううがい薬を欠かさなければ大丈夫(と思う)。

いずれにせよ、コイツらのせいで退院後も庭仕事できないし、サイクリングも御法度。N95レベルのマスクとか、何か対策がないか思案中。じゃないと大好きな古本屋、中古レコ屋にもいけない。

むりくり移植後4年生存達成

narajin.net表紙の白血病カウンターが365を切った。今年も第二の誕生日ともいうべき骨髄移植記念...

放課後活動その1 骨髄関係

ちかごろいろいろありすぎて、またブログの更新がとだえてしまった。つい先日もびっくりニュースがあり、真っ先...

生きてます2010

先月末から入院しています。今日で十日。近ごろ調子にのって外で人にたくさん会ってたくさん話してばかりで体の...

「人生3割」 東奥日報の思い出

もう一ヶ月前の過去ですが、まだお知らせしてない方も多いので。3月12日付の東奥日報朝刊「あかりの下で」と...

dazeくんに会った

バンクーバー五輪のスノボ国母選手のあの、バカバカしい報道劇もすっかり影をひそめ、あらためてこの国のお偉方...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues