記事のカテゴリ:

 

がんばりません

患者生活者がいちばん耳にする言葉--「がんばれ」「がんばんなきゃ」(津軽:がんばんねばまいね)。

医師、看護師、見舞客の別なく万人が口にする決まり文句である。

こっちも調子をあわせて「はい、がんばります」と返すものの、心の奥底ではケッ、冗談じゃねえ、とついつっかかってしまう。

気持ちはたしかにありがたい。何か最後に落とし文句を置いて去りたい気持ちもわかるが、なんでも「がんばれ」といえばうまくまとまるというその安易さがいただけない。テレビでも日常会話でも、我々は日ごろ「がんばれ」を使いすぎではないか。

こっちはもう耳タコで飽き飽きだし、たまには気の利いた一言がほしい。「患者にがんばれは禁句」とは母の便だが、「アンタにいわれなくても精一杯がんばってるっつーの」とたまには悪態をつきたくなる。

「がんばる」という言葉は、もともと仏教の「我張る」から来ているそうで、本来は悪い意味で使われていた。文字通り、自分の考えにこだわり、どこまでも突き通そうとすることをいうからである。「我慢」「こだわる」も同様に本来は我に固執する姿をいさめる言葉だという。それがいつのまにかまるで美徳のように流通するようになってしまった。

むかし三鷹に住んでいたころ、運動会の練習らしき声が近所の幼稚園からよく聞こえてきた。子どもたちの「がんばれ!がんばれ!」攻撃にはいつも恐怖した。年端もいかぬうちにこうして「がんばれ=いいこと」みたいな刷り込みがなされるのだろう。これを見守る親は目を細めつつ、周りに協調している我が子の姿に安堵するであろう。

「がんば」という語感の良さもこの語をポピュラーにした理由かとも思う。「サンバ」とか「ルンバ」とか語感の黄金律というか、パンチのある響きは耳に心地よい。いっそのこと「じゃ、サンバ!」とか言ってくれたほうがこっちもうれしいし、単調な入院生活に薫風を運んでくれる。

だから我々も、「がんばれ」以外の一言を見つける一手間をかけようではないか。

佐野洋子じゃないけど、これからも、「がんばりません」。

バトンをわたす

今日も二度とこない大切な一日。生きてあることを感謝しながらゴハン食べたり、歯をみがいたり、便したりする。...

亡父ノート8 生きがいと働きがい

今回は亡父のカードから「生きがい、働きがい」「ライフワーク」という三つを抜き書きしておく。「生活設計」最...

亡父ノート7 男の設計図2「生き...

するべきことがあり いるべき場所があり 認めてくれる人がいる 父が病床にあったころ、よくこの三つを説い...

亡姉と亡父の天袋

父と姉の遺した書きものをヒマをみつけて整理している。二人とも数がとにかく多い。段ボール箱に詰まった日記や...

亡父ノート6 オーバー・ザ・ヒル...

今回は父のカード箱から「生活設計」のタグのついたカードを抜き書きしようとおもう。 生活設計を考...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues