記事のカテゴリ:

 

退院当日の朝

昨日までの大雪がウソのように、今日は朝から晴れ渡っています。
新雪におおわれた岩木山が、病院からでも鮮やかに見えています。

あの山に向かって、これから帰ります。

9時の薬を済ませ、10時に最後のリハビリをやり、昼ころ放射線科を受診。
昼飯を食った後、家族の到着をまち、主治医との面談があります。

荷物をまとめ、着替えをして、みなさんに挨拶して、1年半暮らした病棟を去りたいと思います。

退院を迎えた当日はどんだけうれしいだろうと思っていましたが、何の感興もわかないものですね。
これまで退院間際になって、熱を出したり、肺炎になったりでずいぶんと裏切られたので、今日になってもまだかまえているというか、どこかで心配が残っているのでしょう。

でも今度こそはバッチリ決めたいと思ってます。

とにかく晴れて良かった。

弘前に帰って

弘前に帰ってもう4日も過ぎた。入院中の長期横臥で体はまだまだいうことを聞かないが、それでも寝たり、食べた...

もうテレビは買いません

人はときに自分でも不思議におもう選択をみずから下すことがある。 先月あたりだったとおもう。前からほしかっ...

白血病が再発した

実はまだ実感というか、現実味がまるでないのであるが、白血病が再発したから入院しなさいと医師から急ぎの電話...

うぐいす

いそがしいことを口実にブログで言い訳はすまいと決めていたが、今春は珍しくシゴトで忙しい。2月まで国立病院...

5年の逃避行を終えて

心とは場所である。もし心にも旅というものがあるとすれば、ぼくはずっと旅をしてきたような気がする。そして旅...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues