記事のカテゴリ:

 

トリロジー完結

food3.pngまだ自宅にいるところをみると、どうやら本当に退院したようだ。

外来受診のあとまた熱をだしたりしましたが、リターン組だけはなんとかまぬがれたってことで、やっと「白血病の私記」エピソード3を閉じることができそうです。書き始める前は、かように壮絶な記録になるとは思ってませんでした。途中で意識をなくしちゃいけません。

というわけで、1年間読んでくださった方々ありがとう。来年からはエピソード4「新たなる希望(ちがうか)」でお会いしましょう。

それではよいお年を。

もうテレビは買いません

人はときに自分でも不思議におもう選択をみずから下すことがある。 先月あたりだったとおもう。前からほしかっ...

白血病が再発した

実はまだ実感というか、現実味がまるでないのであるが、白血病が再発したから入院しなさいと医師から急ぎの電話...

5年の逃避行を終えて

心とは場所である。もし心にも旅というものがあるとすれば、ぼくはずっと旅をしてきたような気がする。そして旅...

移植七五三

ベッドを二階にあげたのが今年の春 自分の部屋で寝るようになって 歩行車から自転車へ、iPhoneで小屋を...

「骨髄移植体験者のお話」その5

ぼくは治すつもりでいます 順番が逆になりましたが、二つ目にですね、最初病気を告知されたときのことをお話し...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues