記事のカテゴリ:

 

無用者

近代精神から見てしばしば、というよりほとんどいつも批判の対象となり、軽蔑あるいは誤解の対象となるのは、観想修道会である。カルメル会のような観想修道会は、原則としていわゆる労働はしない。もっぱら考えてお祈りしているわけである。毎日毎日黙々とお祈りしている生活の価値は、世俗においてはあまり認められないようである。余計者と思われるおそれすらある。なにしろあまり働かずして食っているのだから。ところがカトリックの中では、こういう修道会がいちばん重要だと言ってもよい。収入のための努力をしないで神の恩寵を味わってくれる人々が社会にいるということは、きわめて貴重なことなのである。

われわれは働かざるを得ずに働くことが多いので、しばしば高いところを見るのを忘れる。毎日あくせくと働いてばかりいるわれわれにかわって--その意味では受動的な立場にあって--神の恩寵を味わってくれる人たちが同じコミュニティーに、あるいは同じ社会にいるということは、非常に好ましいことであると考える人生観もあるのである。

近代はすぐに役に立たないものを切って捨てることに熱心になった社会と言えよう。これがアメリカでは実用主義になったわけであり、その代表的な教育学者のジョン・デューイのごときは、「黙想などやっている人間を賢人というのはおかしい、それは要するにエゴイストではないか」と言っているのである。もっと実際的なほうでは、ヒトラーはたくさんの精神薄弱者を集めて殺してしまった。これも無用者は殺せという近代思想の極端まで行った形である。

しかし、中世においては精神薄弱者ですら歓迎されていた傾向があった。今でもベルギーには村じゅうこぞって精神薄弱者を住まわせていっしょに暮らしているところが残っている。

渡辺昇一『知的風景の中の女性』P137

(*)メキシコでも同種の習俗があった気がする。調べておこう。

64.もっと魚をとりたまえ

ニューヨークに住む裕福な企業家が、コスタリカの海辺の町へ二週間の休暇を過ごしに出かけた。彼は現地に到着し...

没頭

...そういうわけで、野心家や貪欲な者は、なるほど時には非常に勤勉であるが、しかし終始かわらず規則的に仕...

トントントンと、東京に行けず

シックスアパートさんから授賞式のお知らせが届いた。体調をみて出席したい旨を伝え、切符や身支度のことで気ぜ...

農民芸術の興隆

......何故われらの芸術がいま起らねばならないか...... 曾つてわれらの師父たちは乏しいながら可...

貧困児童

...郊外の庭つき一戸建てに、ネクタイを締めた白人サラリーマンの夫。最新式の設備をそろえた広いキッチンで...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues