記事のカテゴリ:

 

Cueシートで音楽ファイルをカンタン分割

ちかごろ友人たちからアナログレコード録りの音楽ファイルをちょくちょく頂戴するようになった。いちどデジタル化してしまえば、CDにも焼けるし、iPodに入れて持ち歩くこともできる。

取り込みに必要な機材の充実と低価格化が追い風となり、「アナログ→デジタル」はちょっとしたブームとなっているようだ。新聞によれば中高年などすでにアナログのストックをたくさん所持している世代がおもな購買層となっているらしい。学生時代にエアチェックした思い出のラジオ番組、少ないこづかいをやり繰りして集めたレコード。これらをカンタンにデジタル化し、通勤時にiPodで聴けたらなあ...というのは自然な欲求であろう。

でもちょっと気になるのは、頂戴するファイルのほとんどがLPの片面まるごとAIFFかWAV形式でして、曲毎にちゃんと切り分け、曲名やアーティスト名、アルバム名の付加までしてくれる殊勝なヒトはまずいないこと。自分もそうなんだよなあ...

音源の取りこみ自体は、機材を買うことでカンタンにできるようになった。しかし、そのあとの編集作業が実はクセ者で、実際に切り分け作業をAudacityPeakToast付属のCDSpinDoctorなどのソフトでやってみるとかなり面倒くさい。そもそも単に音楽ファイルを曲毎に分割して保存するだけなのに波形表示なんかいらないんじゃないか。もっと楽な手段はないものか。

このようなニーズを反映してか、「曲間の自動認識」を謳い文句にしているソフトも多い。これは無声部分を探知して勝手にインデックスを打ち込んでくれる機能のことで、通常のスタジオアルバムなどであれば、まず問題なく切り分け可能だ。しかし無声部分といっても、曲中の意図的な沈黙であったり、MCのちょっとした間であったりと、かならずしも無声部分=曲間とはかぎらない。ライブアルバムとなると、そもそも無声部分がないのでお手上げである。

そこで今回は、取り込んだデータを最終的にiTunesやiPodでも楽しめるよう、Cueシートとフリーウェアを使って手軽に切り分け・フォーマット変換し(ACCやApple Losslessなど)、さらに曲名、アーティスト名、アルバム名を内部情報として保持したデータをつくってみます。

必要なもの(Mac OSX)
xld.pngX Lossless Decoder
音楽ファイルのフォーマット変換ソフトですが、Cueシートを使って一つのファイルから複数のファイルに分割することができます。とっても優れたフリーウェア。


作業の流れ

  1. 元の音楽データを用意する(この例では、デスクトップに置きます)

  2. iTunesやQuickTimeで実際に再生しながら、頭出しの分:秒を曲毎に調べる。

  3. テキストエディタでアーティスト名、アルバム名、曲名、インデックスを入力し、拡張子「.cue」で保存。

  4. XLDのアイコンに、3で作成したcueシートファイルをドラッグ&ドロップ。Cueシートの記述が正しければ、曲名リストが表示される。

  5. それぞれの曲名をダブルクリックして、頭出しの位置をチェック。

  6. XLDの「環境設定」で出力フォーマット、出力ファイル名(ここでは曲名)の書式を決める

  7. 曲名リストのウィンドウ下部にある「デコード」ボタンをクリック

  8. 元の音楽データと同じ場所にファイルが次々に作成されるので、処理が終了後まとめてiTunesにドラッグ&ドロップ

  9. iTunesでアーティスト名、アルバム名、曲名、曲順が正しく表示されるかチェック

  10. iPodに転送するなり、CDに焼くなり、大いに愉しむ

Cueシートの作成
作業のなかでいちばん面倒なのは3です。Cueシートというのは、そのアルバムに関するメタデータを記述したテキストファイル(.cue)のことです。定められた書式で記述しないとうまく認識されません。以下に例を示します。

Cueシート記述例サンプルをダウンロード
------------------------------------------------------------------
performer "Yellow Magic Orchestra" ←(アーティスト名
title "From Tokyo To Tokyo - Live at BUDOKAN 1980.12.27" ←(アルバム名)

file "/Users/あなたのユーザ名/Desktop/ymo19801227.aif" binary ←(ファイルの場所。ここではデスクトップ

track 01 audio  ←(1曲目
performer "Yellow Magic Orchestra" ←(アーティスト名
title "MC" ←(曲名
index 01 00:00:00

track 02 audio
performer "Yellow Magic Orchestra"
title "Riot in Lagos"
index 01 00:14:00 ←(分割する位置。「分:秒:フレーム数」で記述

track 03 audio
performer "Yellow Magic Orchestra"
title "The End of Asia"
index 01 05:51:00

...(以下省略)
------------------------------------------------------------------

この例では、曲間の無音部分(ギャップ)の有無についての記述を省略しています。興味のある方は「キューシートについて」をご覧ください。XLDはなぜか「pregap」「postgap」を認識してくれません。「index00」は認識します。個人的にはそこまで追い込んで作る気はないので、ギャップレス(何も記述しない)にしています。

※indexの記述に出てくる「フレーム」ですが、これは1秒=75フレームとしているようです。そこまで追い込む必要はないので、すべて「00」にしました。

曲名リスト
Cueシートの書式が正しければ、XLD上で以下のように表示されます。
xld02.png

出力ファイル名の書式
6の設定は以下のようにします。出力フォーマットはApple Losslessにしています。 xld03.png
iTunesでの表示 一連の手順がうまくいけば、以下のように表示されます。 xld01.png
最後に
切り分けが面倒でそのまんまのデータも、上記の方法ならさほど手間なく作成できるのではないだろうか。Cueシートの入力は、Amazonから曲名をコピペしたりと横着すればよい。

リハビリ燃えた

抗がん剤治療がやっと終わったかと思ったら白血球が5千で下げ止まり、その後だんだん増えてまた1万の大台に...

津軽伝統工芸+craft デザイ...

 ちかごろTwitterばかりやってましてブログ更新さぼってばかりでごめんなさい。社会復帰への...

MacBook Touch妄想

ネットブックはどのメーカーもだいたい10インチにまとまってきた。DELLはこれまで9,10,12インチを...

Stay hungry stay...

米国スタンフォード大学卒業式での祝賀スピーチ(翻訳・原文)...

Macinspironその4:S...

メイリオ改もあった MSからメイリオをダウンロードしようとすると、まず正規ユーザかどうかという検問がはじ...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues