記事のカテゴリ:

 

聖人には心なし

121925.png聖人には心なし、人の心を心とす。
聖人には言葉なし、人の言葉を言葉とす。

--心敬『ささめごと

自分ひとりの心にあくまで執着する人は、心の狭い人である。我の強い人と言ってもよい。個性とか独創とかいったことを尊重することが、近代思潮の根底にある。だが、個性や独創の名のもとに、人は何を主張しようというのだろう。それはほんの取るに足らない、些細な自分の特徴を、ことさら誇張することで、自分を売り出そうとしているに過ぎない場合が多い。人は自分の容貌や性格を、どうして誇ることができるのか。百人の人間があれば、百人の個性があり、容貌があるのは、べつに自慢の種になることではない。

自分を大事にしたいなら、自分が自分でしかないことには、あいそを尽かした方がよい。すぐれた人は、万人の心、万物の心を心とする。「私」を超えることを、自分の心の工夫とする。万人の言葉、万物の言葉を、自分の言葉とする。無私の言葉が、すぐれた思想となり、文学となる。狭くるしい「私」の心や言葉は、振り棄ててしまったところに、ひろびろとした世界の本当の心や言葉が生まれてくる。

山本健吉『ことばの季節』P11 文藝春秋 1980

人と比べる不幸せ

バルバラ・ベルクハン著 『ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術  』阪急コミュニケーションズ ...

インスタント・カルマ

バルバラ・ベルクハン著 『ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術  』阪急コミュニケーションズ ...

大するあいつ

小学生のころ便所でドアをあけたまま大してるやつがいた「見るな」といって泣いているのを数人が見ていた恥より...

自己改善しません

Mia Christopher Three Masks, monotype, 15"x22&...

住吉美紀エッセイ抜き書き02

朝起きたときから、なにか釈然としない気分だった。外は晴れているのに、心にはどんより雲がかかっている。自...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues