記事のカテゴリ:

 

スコット・ロスのスカルラッティに痺れた

Sv506464.jpgSTIL1805S73.jpgいつものようにNHK-FM「バロックの森」を寝ぼけまなこで聴いていたらとんでもないチェンバロ演奏が耳に飛びこんできた。

番組表を見るとそれはスカルラッティの「ソナタニ短調」で、演奏者はスコット・ロス(Scott Ross)。急いで調べてみるとこの人はチェンバロ界のグレン・グールドというべきたいへんな鬼才であることがわかった。

...1971 年、スコットはブリュージュへと戻ってきた。彼の身なりはコンサートホールの中にどよめきを巻き起こす。すなわち、彼はジーンズを履き、肩までとどく長髪を見せつけたのであった...
『未完の運命 --スコット・ロス伝--』ミシェル・E・プルー著 Scott Ross礼賛より引用

これはスコット・ロスがブリュージュ国際チェンバロ・コンクールにおいて文句なしの優勝を勝ち得たときのエピソードである。しかも彼は全ての曲を暗譜で弾き切ったのであった。当時のコメントがまたふるっている。

このコンクールで優勝してもただの一つの仕事も取れなかった。僕にはコンサートひとつの依頼だって来なかったよ。1年後に驚異的なことに気付いた。まるっきりの無駄骨だったのさ。きっと奴らには自分自身の存在価値だって分かりっこ無いぜ!(同サイトより)

ロスは1989年に38歳の若さで惜しくも亡くなっている(死因はエイズだった)が、その短い生涯のあいだにスカルラッティのソナタ全555曲  (34枚組!)の録音という前人未踏の大偉業を成し遂げている。今後100年くらいは誰にもマネできない仕事だと思う。

彼の弾くバッハも素晴らしいが、スカルラッティのほうがより生き生きとしている。ベルトコンベアでぐいぐい運ばれていくようなドライヴ感。ミリセカンド単位まで左手と同期するトリルなど、いったい彼のほかに誰がマネできるだろうか。打ち込みのように精緻ながら人力ならではのグルーヴに溢れているところなど、かのスライ・アンド・ザ・ファミリーストーンあたりを彷彿とさせる。古楽評論家の濱田滋郎さんは「呼吸するリズム感」とライナーに書いているが、自分がチェンバロ楽曲に追い求めていた究極の姿にやっと巡り会えた気分だ。

スカルラッティは同工異曲の退屈な作品ばかりだと思っていたが、ロスの洗浄作業によってやっと三百年前の光沢を取り戻したかのようだ。これを聴くと従来のモダンピアノによる演奏がいかに原曲の良さを潰してきたか暴露されるというものである(平均律でバロックをやること自体そもそも間違っていたのだ)。ここらへんはテレマンを蘇生したムジカ・アンティクワ・ケルン  の仕事を思いだす。

彼はよくグレン・グールドと並び称されるが、ロスの演奏には彼のようにエキセントリックな印象がない。聴き手と曲との間に常に演奏家が割って入るような、目障りなところがまったくないのである。(グールドの弾くブラームス  は全然違いますけど。こないだNHK「知るを楽しむ」で坂本龍一さんが「演奏旅行に必ずもっていく一枚」と語っていて思わず小膝を叩いた。)

それにしても日本における知名度は哀しいほど低い。かくゆう自分も今まで知らなかったのでとやかくいう資格はないけれども、彼の国内盤はほとんど廃盤のままで、輸入盤も入手困難なものが多い。唯一「スカルラッティ ソナタ選集  」が廉価で入手できるのが救いか。私も500円で購入した。これからは反省もこめてちょっとずつ買いそろえていこうと思う(バッハのSACDオルガン全集18枚組を注文したばかりなんだけどね)。

iTMSにロスのScott Ross - Bach: Harpsichord Worksバッハ作品集があったのでぜひ聴いてみてほしい。


Good Bye ピノック! Good Bye グールド!(ブラームス以外)

COPY AND DESTROY

就職先さえおぼつかないこの時代、今の若いヒトは「自分らしさを大切に」などとメディアから脅迫されてまったく...

狂人の顔

「ライフ/人間と科学シリーズ 心のはたらき  」をめくっていたら見覚えのある絵をみつけた。これはベルギー...

Aqsak Maboul

わたしは いつものように体調が悪い 毎日、昼間の、同じ時間、同じ場所で 心臓が 痛いのだ 昼がこわい、夜...

「ジャズとは何か」抜き書き09

バッハはパーカーに似てる 坂本:こういうメロディーの作りかたって、クラシックには全然ないじゃない。おもし...

「ジャズとは何か」抜き書き02

ぜんぶ託せる芸術形式 山下:でも一方では、これは文学ですか、絵画ですか、というのと同じでね、そこに自分の...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues