記事のカテゴリ:

 

音楽療法士からの質問状4「自律的だったのはどんな時ですか?」

これは難しい質問です。それはどうしてかというと、自律的だったかどうかいう問題ではなく、音楽療法に求めていたのは最終的に自律ではなかったということを音楽療法によって知ったからです。

他律(規則)だらけの病棟内で、「自分が自分でありたい=自律」と思い、音楽療法をその達成手段として活用してみたつもりでしたが、それは音楽療法なしでもあるていど実現できることでした。とくに、骨髄移植のまえの一ヶ月間、ギタレレを思いっきり弾いていた時期など。誰の指図や制限を受けることなく、思うがままに毎日鳴らすことができたからです。

正直、音合わせはあまり楽しくありませんでした。これは単純に時間がなさすぎたということも原因のひとつですが、何だか自分のわがままを音楽療法士さんに無理矢理おしつけている感じで、手応えのない時間であったからです。まるで自分だけ口泡とばしてしゃべりまくっているような、独りよがりでみっともない感じでした。

ですから当初の目的とは矛盾しますが、寝たきりになってもっぱら受動的音楽療法一本になってからのほうが、「音楽のちから」をより強く感じることができました。これは患者が自律的に音楽をコントロールするよりも、「音楽のちから」そのものに頼りきったほうがより効果的だということかもしれません。つまり、お互い自律的であると同時に、他律的でもありうるということです。

音楽療法士さんを呼んで「さあ何をしようか」となったときに、前もって音楽療法士さんが準備したシナリオどおりに、予定調和的に進めていくのもいいですが、最初に何かルールのようなものを設定したら、あとはお互い自由に音を出したりするほうが面白い時間になると思います。ミニマル・ミュージックやハプニングの考え方ですね。「カリンバ」や「倍音玉」を鳴らしたり、それについて話したりした時間はとても面白かった。それにくらべると、私はあまりにも準備しすぎていました。それが自律的なんだ、いいことなんだと気負いすぎて。

このレポートを書くのは大変ですが、まるで苦にならずむしろ楽しく感じるのは、それが音楽療法士さんとの「合律」作業だからかもしれません。音楽療法も、ひとりぼっちでは成立しない以上、そこには患者と音楽療法士とのあいだにコラボレイティヴな共同作業があるべきでしょう。自律と他律を超えたとき、私はいちばん自律的だったと思います。

むりくり移植後4年生存達成

narajin.net表紙の白血病カウンターが365を切った。今年も第二の誕生日ともいうべき骨髄移植記念...

放課後活動その1 骨髄関係

ちかごろいろいろありすぎて、またブログの更新がとだえてしまった。つい先日もびっくりニュースがあり、真っ先...

音楽療法士とボサノバ

青森市浪打のなかむら脳外科で「緩和ケアと音楽療法」というセミナーがあった。主催は、中村音楽療法研究所。講...

生きてます2010

先月末から入院しています。今日で十日。近ごろ調子にのって外で人にたくさん会ってたくさん話してばかりで体の...

「人生3割」 東奥日報の思い出

もう一ヶ月前の過去ですが、まだお知らせしてない方も多いので。3月12日付の東奥日報朝刊「あかりの下で」と...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues