Monthly Archive 2009年1月

1  2  3  4  5  6  7

モルヒネ半覚半醒記2-2

(注)「モルヒネ日記」とは、ぼくが危篤で半覚半醒になったときに見た悪夢を見たとおりにそのまま書いたものです。もちろん実在の人物や団体とは一切...

おとなのシャドウ

老人や子どもに問題が生じているのは、彼らがいわゆる一人前のおとなのあり方の、影にされてしまっているからである。おとなのみが健康で完全であり、...

たまに幻にするが

「お姉さんがら電話はいってらよ。マックスバリューでなんが買うものねーがだど」 「何があった気するんだけども、急にくれば出でこねもんだっきゃの...

人類700万円

ちかごろメシを食いながらテレビで人類モノばかりみている。NHKハイビジョン1月のテーマが「人類の未来」というのでほとんど毎日なにかしらはいっ...

おどろくこと

生きている=おどろくこと 陽がのぼること 食えること 歩けること まぶしいことに おどろきつづけること 死をおどろかないこと 弱くなること ...

あきらめる

...三十代のなかばに、酒浸りの生活に疲れはて、津軽を舞台に小節を書こうと故郷の弘前に帰り、雪につつまれた町はずれの借家に住んで、鬱状態に陥...

カントとチーズ

...食事の一皿目はスープ、二皿目は煮た豆や魚、三皿目が焼いた肉で、飲み物はワイン。食後のチーズは、カントにとってかかすことのできない大好物...

大久保さんも

欧米かぶれの大久保利通さん。岩倉さんとならべてみると、日本の近代化というテーマがおのずとみえるしくみになっている。(図説 国民の歴史4 国文...
1  2  3  4  5  6  7