記事のカテゴリ:

 

皿洗い療法

今日は朝から審査請求の追加資料を書いている。紙数にしてA4一枚もいかないのにちっとも筆がすすみません。

ブログだったら自動書記みたいに指が勝手に動いてくれるけれど、NHKのモニター原稿とこの手のカタい書類はもう生理的に受けつけません。息抜きしないと合併症になりそうだ。

そこで、年末にジャズ師匠から大量入荷したレコを一枚ずつバランス・ウォッシャーで洗ってはターン・テーブルにのせるという単純作業をはさむことにした。書類を書いてはレコを洗い、聴きながらまた書き、B面が終わったら次のレコを洗い、また机にむかうという器械的に徹してみたところ、ちょっとずつ筆が匍匐前進しているではないか。

アガサ・クリスティじゃないけれど、書きモノのストレスにはやはり単純作業がめっぽう効くようである。なかでも「皿洗い」は世界共通の作業療法らしい。

...昼間暑い盛りに軽い機械的な調べ仕事をするのも気持ちがいい。あまり頭を使わないで、そしてすればするだけ少しずつ結果があがって行くから知らず知らず時を忘れ暑さを忘れる...
寺田寅彦『備忘録

頭を使わず、しかも着実に成果があがるというのが単純作業の最大の魅力だと思う。シゴトそのものもこの状態に落としこむことさえできれば、小説家にかぎらず存分にはかどるんだろうが...

...僕は相変わらず『明暗』を午前書いています。心持ちは苦痛、快楽、器械的、この三つをかねています...。
(夏目漱石が没年に久米正雄と芥川龍之介にあてた手紙)

ぼくは相変わらずPerfumeの「気になる子ちゃん」を器械的してしまうのだ。鍬の振りどころを錯誤してしまうのだ。

というわけでpLANGRYさんDVDおすそわけ多謝。

雨音考

「なぜ唐傘はわざわざ紙でつくるのですか」 「雨音を楽しむためなんです」 まだ若い唐傘職人の女声がラジオか...

三人の子規

...岩波文庫の「仰臥漫録」を夏服のかくしに入れてある。電車の中でも時々読む。腰かけられない時は立ったま...

涼み

...暑中に灸(きゅう)をすえる感覚には涼しさに似たものがある。 暑い盛りに熱い湯を背中へかける感じも同...

Daily Life

朝六時起床。体温35.9℃。 二週間ぶりに病院へ行く。 まず腫瘍放射線科の受診。 「舌の組織がまだ回復し...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues