記事のカテゴリ:

 

姉vs弟

...私にも3歳下の弟がいる。ヨノナカの姉と弟との関係は、私の知っている限り、このパターンしかない。...

わたしも含め、"メチャクチャな姉"を持つ弟はどうなっているのか?

私の弟は、大型ゴミのテレビやステレオを友だちと何台も運んできては、

「これを部品500円で直した」

とか、

「これとこれをつなげて発明した」

とかが、小学生の頃からの趣味だ。私なんかてんでバカにして、すぐ新しいのがほしくなる。なのに弟は、「新品はお金を出せば誰でも買える」と、まったく興味がない。背が小さい弟を、昔からよくからかったが、

「世の中には不幸な人がいっぱいいる。そんなこと、なんでもない」

と全然ケンカにならない。

...とにかく、恐るべき正反対の者が同じ家に暮らしている。お互いのやっていることには全く興味がなく、全くの異次元を作って生活している。

しかし、これはうまくできたものだと思う。いちばん小さな"社会"の単位は家族だから。その小さな中で、血のつながりはあれど、異次元同士がブッキングされている。

これは親の仕業ではなく、何か"目に見えない自然の法則"が生まれる前からあって......と大げさに考えてしまう。基本的な人類の共存と進化のためにとか。

姉弟は、お互いの中に自分を見ている。電流の回り方が逆なのを、小さい頃から意識するので、かえって自分のことがはっきりわかる。同じ回り方じゃ、気づかないからね。どんなメチャクチャな女たちも、弟たちの目には、メチャクチャには映っていないのだ。...

中尊寺ゆつこ『ヨノナカ関係論  』P51 朝日新聞社 1992

付箋『ぐでん愚伝』

亡姉は生前よくワープロで本の抜き書きをし、「付箋」というタイトルをつけて封書で送ってよこした。当時の感熱...

亡姉と亡父の天袋

父と姉の遺した書きものをヒマをみつけて整理している。二人とも数がとにかく多い。段ボール箱に詰まった日記や...

一周忌念special たまご男

早いもので姉がいっちゃってから一年たちました。ずっと離れて暮らしていたのと、死に顔を見ることができなか...

ソフビたまご男

ソフビたまご男...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues