記事のカテゴリ:

 

Doctor Techno

doctortechno.jpg彼は、人形の耳につけたマイクを通してだけ、部屋の中の音を聞くことができる。このマイクは、彼の両耳のイヤホーンにつながっている。ある音の遠近感を彼が判断できるのは、人形を回転させることができる場合だけであって、人形をテーブルの上に固定すると、その2つの動かぬ耳を通して中継される音の遠近感は、ほとんどなくなってしまう。「ライフ/人間と科学シリーズ 心のはたらき   1973」

プリンストン大学のPh.D、シュナイダー氏(写真)が行ったこの壮大な実験は、音響学の世界に大きな衝撃をもらたした。しかしながら予想外の反響に彼はすっかり困り果ててしまったのである。

なぜなら、彼の本当の研究テーマは「いかにして上司に察知されずに勤務時間中ずっとクラフトワークを聴けるか」であったからだ。この目的のために8年の歳月を費やしてきた彼にとって、有名になることは研究生活の至福をおびやかす厄災以外の何ものでもないのである。

くりだす男

電化された人間 電線を繰り出しながら惑星を探検している人間の想像図。未来の宇宙旅行を想定している科学者に...

私的キラーコンテンツ「大昔の人類...

今回の入院中、ずっと枕頭の書となったのがTBSブリタニカ(現・阪急コミュニケーションズ)の子供用図鑑シリ...

知なる無知

「宗教」という言葉に、多くの日本人がマイナスイメージを持っている。何か怪しいものとして敬遠している。ほん...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues