記事のカテゴリ:

 

小屋

自転車上からチラ見するものが二つある。ひとつはカワイイ女の子、ひとつは小屋である。それも掘っ立て小屋といったらいいような、朽ち果てたものが好きだ。

こんな小屋を見つけたときはチラ見どころか、胸が苦しくなってしまい、恋心にも似たきもちになってしまう。

庭のはずれにポツンとたたずむ小屋の凛としたすがたには、どこか修道的な、独居の美があるようにおもう。ディオゲネスの樽サイズまで小さくなると厭世もすぎるというか、かえって俗物に転じてしまう。屋根もあり、いちおうの生活のたたずまいが感じられるような、しかし哀しいほどこじんまりした小屋というものがいとおしい。

持ち主からも忘却されたような朽ちた小屋には、Artempoな、時の造形がある。しかし古ければよいというものではない。門前に「国指定重要文化財」などとたいそうな看板をこれみよがしにかかげる石場屋酒店のごときはいけない。古さを誇るのはいやらしい。

むしろ世間で価値なしといわれるものにこそ、美が棲みつくものではないだろうか。錬金術がもっとも重んじたのも路傍の石(プリマ・マテリア)である。名もなきただの小屋にこそ、輝きをみつける楽しさがある。

撮影:iPhone(App: Toy camera, Polarize クリックで拡大)

IMG_0075.jpg

IMG_0081.jpg

IMG_0137.jpg

IMG_0126.jpg

IMG_0124.jpg

IMG_0078.jpg

小島一郎 平凡なものを料理する

青森県立美術館の小島一郎ギャラリーに置いてあった「フォトアート1963年6月号」の現物をヤフオクで入手。...

津維人の会に行った

メンバー全員がTwitterつながりという弘前では珍しい呑み会が先週ありました 「津軽を変えた...

小山せんべい

週末あたりから弘前もようやく春めいてきた。小屋から自転車を出して油を差したり空気を入れたりしている。体の...

ハチ公の冬

真央ちゃんみたいな目でみつめないで春はもうすぐだよ駐禁ハチ公...

小島一郎のこと その2「カメラ毎...

ヤフオクにて落札。小島一郎ファンどうしの熾烈な争いになるかと思ったら入札したのはぼく一人だった。500...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues