記事のカテゴリ:

 

5月のゴミ

病トモからつぎつぎにサイニューインの知らせがとどく。やはり五月の風は血液を狂わせるのか。先生にたずねてもニコニコするだけだが...

季節の変わり目というのは、病人でなくても体ぐあいがイマイチというヒトは多い。天気も気まぐれだし着ていく服にも迷う。

ぼくは今のところ口内炎と倦怠感くらいで収まっているが、やはり5月と9月はあんまりがんばらずに、無理せず過ごそうとあらためて思う。サイニューインしたらまた24時間点滴につながれて、また歩けなくなってしまうから。

去年もあせりすぎて、生き急ぎすぎて入院するハメになってしまったから。

昨日からやっとコーヒー飲めるようになった。でもあまり美味しくない。久しぶりに飲む酒というのもけっこうマズイものだが、嗜好品というものはおしなべてそういうところがある。

それでも飲みたくなるのは、あたりまえの話になるけれど、一息つくためのいい口実になるから。コーヒーブレイク。ティ−タイム。ちょっと一服。労働した後の「とりあえずビール」。

昨日から目にゴミがはいって痛い。なにかいい手はないだろうか。

モーニングコーヒー哲学

治療が終わっていちばんうれしい瞬間。それはブラックコーヒーを飲めたとき。抗ガン剤の副作用といっても十人十...

なにげない朝の創造

早起きすると、いつもとはまったく違う一日がはじまる。いつもと違った自分がみえる。 朝4時30分。昨日まで...

脱病院カフェ

入院患者のいちばん辛いところは一人の時間を奪われることである。 病人家業も世間が思うほど楽ではない。朝...

失敗を食べる

今年は大きな成功と大きな失敗にふちどられた一年だった。成功とはやはり白血病完治であり、失敗とは健康の喪失...

居酒屋に告ぐ

口腔粘膜炎で酒が飲めなくなってわかったこと。「飲みたくても飲めないニンゲンにとって飲み会は拷問」というこ...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues