記事のカテゴリ:

 

ポメラを買わない理由2 国産ネットブックの逆襲

ブログ検索でいろいろポメラをしらべているうちに、逆にますます欲しくなってしまった。でもすでに別のモノを注文してしまったし、毎月の点滴代にあえいでいるぼくには両方買えるほどのカネもない。だからなんとしてもヤセ我慢、ジョッパリして、買わない理由をあえて考える。

その前に、気になる今年のPC夏モデル、とくに国産ネットブックの逆襲ぶりを未練たっぷりに書いておく。

ソニーがすっかり大人になって
もう台湾メーカー(Asus, Acer)の好きにはさせないとばかりに、これまで様子見モードだった国内大手メーカーがこの夏ネットブック新モデルを発表した。なかでもあのソニーが、平凡を嫌うメーカーが、いたってフツーなネットブックを出したというのにおどろいた。東芝もDynabookの名を冠した対抗モデルをだしている。

ソニー「VAIO W
y_w1_002.jpg


東芝「dynabook UX
59519-compactb640-1.jpg
どちらも仕上げが美しい。DELLのAdamoとおなじく、表面処理にこわだりがある。ぼくの最大の関心事は、SSD・ファンレスでゼロ騒音にできるのかどうか

NEC「UltraLite VS
fb64206bae1b.jpg
男子なイメージのあるNECがまさか軽さ・薄さをここまで落としこんでくるとは読めなかった。レッツノートつぶしに本腰をいれたか。こちらはゼロスピンドルで間違いなく静御前

どのモデルも国産ならではの、ディティールまで神経の行きとどいた処理がなされている。これを見るとDELLのInspiron miniなどいかにも大味だ。ここまで国内メーカーを本気にさせてしまった以上、台湾メーカーのネットブックなど、もうポメラくらいの価格帯で勝負するしかないとおもう。

これまでネットブック市場を静観してきたアップルも、軽くて小さいNetMacを発表するかどうか気になるところだ。復帰したスティーブ・ジョブスが発表してくれたらなおうれしい

2192321716_258554b83d.jpg

アップルからタッチスクリーンのネットブックが今年後半にも登場、とのうわさ

これら新モデルの情報に耳をそばだてつつ、注文したブツが届いたらまた後悔たっぷりに使用感を書こうとおもう

モバイルギアの四原則

NECの開発者が「モバイルギアの四原則」について語っている記事をみつけた。「モバイルギア」はぼくらの世代...

ハードルを下げると高く飛べる

アウトプットを増やすこつ。生産性をあげるこつ。ハードルを下げる。つまり自分への期待値を下げる。 いつまで...

今日のところはこれでよし

アイデアが浮かぶということと、アイデアを形にすることはまったく別の仕事。前者を仕事にしてもいいし、後者で...

Macinspironその4:S...

メイリオ改もあった MSからメイリオをダウンロードしようとすると、まず正規ユーザかどうかという検問がはじ...

Macinspironその3:メ...

メイリオのタイプフェイス VISTAやWindows 7の標準フォントになっているメイリオは、可読性が高...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues