記事のカテゴリ:

 

Macinspironその3:メイリオ vs MSゴシックSafari

メイリオのタイプフェイス
VISTAやWindows 7の標準フォントになっているメイリオは、可読性が高いというので評判がよい。XP用のフォントも用意されている

写研のゴナ、モリサワなら新ゴシックによく似たタイプフェイスだ。仮想ボディいっぱいに字面がのってるので字詰め感がある。メニュー表示や広告・チラシむきだとおもう。Mac OSの「ヒラギノ」も広告用にデザインされたフォントだが、メイリオはさらに広告的だ。

Safariとなめらかさをくらべてみる
safari_msgothic.gif
Safariのフォントスムージングで表示したMSゴシック。漢字の一部がつぶれているが、オーソドックスなゴシックでクセがなく読みやすい。MSゴシックとは思えない滑らかさ。

firefox_meiryo.gif
メイリオをFirefoxで表示。字面は苦手だが、漢字の可読性が高い。

こうして見くらべると、MSは事務処理の現場でも使える実用性まで考慮しているが、Appleはとにかく美しさを追求しているようにおもえる。漢字一字間違えると大損害につながるビジネスの現場では、美しさより判読性を優先するのは当然であろう。

ちなみにSafariでメイリオを表示すると両者の利点をうまく両立できるのだが、どうしても字面になじめないのでMSゴシックでいく。実用性などぼくにはどうでもいいからだ

MacBook Touch妄想

ネットブックはどのメーカーもだいたい10インチにまとまってきた。DELLはこれまで9,10,12インチを...

Stay hungry stay...

米国スタンフォード大学卒業式での祝賀スピーチ(翻訳・原文)...

Macinspironその4:S...

メイリオ改もあった MSからメイリオをダウンロードしようとすると、まず正規ユーザかどうかという検問がはじ...

Macinspironその2:画...

高解像度の落とし穴 ネットブックいちばんの泣きどころ。それは「遅さ」でなく「狭さ」だとおもう。一般的な画...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues