記事のカテゴリ:

 

ごろつき

「ごろつき」や「無頼漢」などということばにも、折口信夫は敏感な反応をしめしている。いまの社会では、とかく負のイメージを負わされている「ごろつき」たちに、彼は共感にみちた眼差しを注ぐのである。「ごろつき」は石がごろごろと転がっているような(ローリング・ストーンズ)生き方を好む連中のことをさして言うが、折口によれば彼らは古代的な「まれびと」の思考を生き続けていた、寺社の神人や童子と呼ばれる下級宗教者の末裔として、広い意味での「貴種」に属する人々なのだ。
彼らはもともと共同体の生き方を好まない。共同体は人々の間に同質性を求める。それによって、共同体の内と外を見分け、微妙なやり方で異質なものを外に押し出してしまおうとしている。しかし、「まれびと」の思想は、そういう共同体に「外」から異質なものを結びつけ、共同体の人間だけでできた世界に、動物や植物や非人間的なものを導きいれようとしてきたのである。神人や童子のような宗教者は、人間と人間ならざるものとの境界を生きようとする人々として、自分自身が異質な力の集合体になってしまおうという、共同体からみたらまとこに不穏な生き方を選ぶことが多かった。
こういう人々は、精霊の息吹に直に触れているからこそ、「ごろつき」のような生き方、「無頼漢」としての生き方をすることになったのだ。職人や芸人たちも、それと同じ精神性を内面に抱えていた。...69-70

中沢新一『古代から来た未来人 折口信夫  』   ちくまプリマー新書

ボヘミアン研究

ツガルとツィガーヌ

五木 これは、前に長部さんにどこかの酒場で、ちらっと話をして苦笑されましたけど、津軽の語源というのは、ま...

時計の比喩

現代人はみな多忙である。それもただ忙しいというだけでなく、忙しいことこそがその人の存在価値を支えているの...

消費—余暇の代償

narajin.net: プロテスタンティズムからの続き。 身を粉にして働くのがそれほど尊くて崇高な行為...

「怠惰」の本当の意味

今いちばん興味があるのは「余暇」。narajin.netでも余暇と観想 アーカイブを立ててちょっとずつ...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues