記事のカテゴリ:

 

住吉美紀エッセイ抜き書き01

klimt_bauera00.jpg

グスタフ・クリムト『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 1』

楽しめるということは、強い。歴史を超えて残るものは、きっとそんな人間的感情とともに産み出されたものだ。人生の悲喜こもごもを抱いて、それを愛しく感じ、自分が嘘偽りなく「楽しい」と思う形で表現する。それがどんなに大きな価値を生み出すものなのか目の当たりにした。

すごいね。楽しんでいることが、百年後でもわかるのだから。百年後の人をも、幸せにするのだから。(P175)

住吉美紀『自分へのごほうび  』幻冬舎

工房 LAPIS展

台風や地震に翻弄されて大変な一週間だったけど、なんとか終了。朝日新聞に記事が掲載されたせいか、日曜日は電...

インド大衆宗教画の黄金時代展

インド大衆宗教画の黄金時代展 2004/10/25(月)−10/29(金) 9:00 am 〜 9:30...

MG西欧カリグラフィースクール

MG西欧カリグラフィースクール 中世の写本に興味を持った人間には避けて通れない学校。わしも来季よりぜひ通...

工房 LAPIS 展

工房 LAPIS 展 期間:10月19日(火)〜10月25日(月)会期中無休 時間:11:00am〜6...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues