記事のカテゴリ:

 

「迷信」クラビネットの謎が解けた

steviewonder131.jpg

NHKハイビジョンでStevie Wonderの2008年ロンドン公演をやっていた。まーいちおう録っておくか程度のノリで見たら見事にはまった。ビデオデッキから音だけ録り、iPhoneに入れて聴きまくっている。

映像にはStevieのシンボルともいうべきHOHNER CLAVINETが写っている。いったい何年使ってんだ!

そしてクラビネットといえばやはり「迷信(Superstition)」。ロンドン公演でも客が待ってましたとばかりイントロのドラムスが入っただけでうぉおーと盛り上がっていた。この必殺リフを生で聴いたお客さんがうらやましい。ちなみにMCでStevieがイギリス英語のモノマネをしてえらいウケていた。

Superstitionでググってるうちに偶然見つけてそうだったのか!と思ったのがこれ。耳コピなんて絶対無理です

Stevie Wonder「Superstition」クラビネットの謎をマルチトラックテープから解析

87.色彩

「鋭敏な感性だけ摘みとられていく、この不条理な天の配剤が怨めしい」 1990年、イタリアの作曲家ルイジ・...

あきらめないオヤジたちのデュオ・...

タイロン橋本&ヤヒロ トモヒロ Duo The Unforsaken Uncles ツアー2011 -...

ミック応援メッセージ(和訳版)

「Messages for Mick」に、日本のファンからのメッセージとして投稿させて頂きました。ご協力...

ミックからのメッセージ:補足(日...

 ミック・カーン オフィシャルにミックからの新しいメッセージがアップされておりますざっと訳して...

ミック・カーンのベースは末期ガン...

「いちばん好きなエレキ・ベーシストは誰か?」ともし問われれば、細野さんでもなく、ジャコパスでも、チャック...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues