記事のカテゴリ:

 

三月の空

Old Age Running Drunk

全身「つった」。

このところ関節痛に苦しんでいる。体じゅう四十肩ってのも聞いたことないし、ギターの弾きすぎでもなければ遊びすぎでもない。正体不明の痛みに悶絶していたが、先生に尋ねると「GVですね」とバッサリである。おもえば先月の「ステロイドやめます」宣言が無鉄砲すぎた。

先週末は点滴が速すぎて胸が苦しくなり、心電図につながれるは主治医の口からいきなり「ぼく今日でいなくなりますんで」と切り出されるはで、もう訳のわからない一日だった。移植時にお世話になった看護師さんも、今月いっぱいで会えなくなると前日知っていただけに、二重に混乱した。メールだそうとも思ったけれど、よくよく考えれば、あんな優秀な人が今まで青森に居てくれたことのほうが不思議だ。無菌室で初めてお会いしたとき、「青森にもこんな、すげー人いたのか」と、移植前の不安も忘れてマジで感動したものだった。

深夜、トヨストーブの明かりをたよりに、Ash Ra Templeの「Join Inn」に針を落とす。痛みと疲れに翻弄され、めまぐるしいだけで何もできなかった一日は、いつも決まってこのレコだ


B面の終わるころには、日中の出来事いっさいを、彼らへの依存心を断ち切るいい節目だと考えるようになった。二人のいた時代に入院したぼくらは本当にラッキーだった。そう考えればいい。人生の交差点でぼくらは倒れ、たまたまそこに居合わせた人たちのお世話になった。縁(えにし)がなかったわけではない。しかし、ずっと交差点に留まっていてくれと懇願したところで、彼らには別の目的地があるのだ。

とはいっても、いちど彼らに命を預けた身としては、そうカンタンに「はいさようなら」と言えるものではないというのもまた、なんともしようのないことである。いろんな思い出が頭を過ぎったあげく、ようやく口から出たのは「お世話になりました」の一言だけだった

別れはいつも突然訪れますね。でも、それでいいのです。
ぼくにはもう春しか見えません
三月の空には

Old Age Running Drunk (KATRINA PAGE)

101 years old took part in the London Marathon in 2008.  He finished the race with finishing words
 “ Where’s my beer?”

ギューッとしたい人

結婚するならどんな人と結婚したいのかなあと思案していたら、あ!っと思いついた。 ギューッとしたい人だ。思...

ぼくのドクター2「T先生と大ちゃ...

ぼくのドクターのお師匠さんであるT先生の話を前にチラッとしましたが、実は「大ちゃん」というある患者さんの...

入院点取り占い

先月の入院中、ツイッターで「入院点取り占い」というものを描こうかと思いついた。つまりは排毒行為である。...

できたことのみ数える

カラダ具合の悪いときは、あれもできない、これもできないと考えるのではなく、ひとつでも何かやったらそれぞ...
 

レコメン魂

  • Kamikaze 1989
  • Pinnacles
  • 80年代TDサウンドの核 PPG
  • Exit
  • Hyperborea
  • FAMILIAR COMPUTING WORLD
  • EGGレコード抜き書き
  • Ignacio
  • Bruits et Temps Analogues